AGA治療でハゲ改善!発毛でいつでもフサフサ若い髪

男性

5aリダクターゼを制御

薄毛

AGAは名古屋の病院で治療することが可能ですが、治療する前にAGAを発症する原因や仕組みについて理解しておくことが大切です。AGAの大きな原因となるのが、男性ホルモンです。男性ホルモンが増加してしまうことで、AGAを発症させてしまうのです。ただ、注意してほしいのが、男性ホルモンの増加自体がAGAの原因ではないということです。どういうことかというと、男性ホルモンが直接薄毛や抜け毛に作用しているわけではなく、男性ホルモンが薄毛の原因となるジヒドロテストステロンに変化することで、AGAを発症するのです。そのため、直接の原因はジヒドロテストステロンなのです。なぜジヒドロテストステロンに変わるのかというと、これは5aリダクターゼが深く関係しています。5aリダクターゼとは、毛根付近の皮脂腺から分泌される酵素の種類の1つですが、これが男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変えているのです。

AGAになる仕組みを理解するとで、AGA対策の方法も知ることができます。男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変えているのは、5aリダクターゼですから、これを制御することが重要になります。名古屋の病院でAGA治療をする場合、薬を処方されます。その薬が5aリダクターゼを制御してくれるのです。ただ、名古屋の病院で薬を処方されなくても、5aリダクターゼを制御する方法はあります。それは、亜鉛やノコギリヤシエキスを摂取することです。この2つの栄養素が不足してしまうと、5aリダクターゼを制御することができなくなってしまうので、薄毛になってしまうのです。これらを積極的に摂取することで、それを防ぐことができます。食事で摂取することができない場合は、サプリメントを活用するのも1つの方法です。