AGA治療でハゲ改善!発毛でいつでもフサフサ若い髪

男性

病院で使用される治療薬

薄毛

名古屋の病院でAGA治療を行なう場合、治療薬を処方されます。その治療薬はミノキシジルやフィナステリドです。どちらか片方だけ処方されることもありますが、両方が処方されることもあります。この治療薬があることで、病院でのAGA治療が効果的になったのです。それぞれ同じ成分なのですが、得られる効果は異なります。フィナステリドの効果は、5aリダクターゼを制御するというものです。フィナステリドを使用することで、薄毛や抜け毛が進行するのを防ぐことができます。それに対してミノキシジルは、既に進行してしまっている薄毛や抜け毛の部分の毛根を再生するというものです。前者は、防ぐ役割を果たしていて、後者は発毛促進の効果を果たしているのです。そのため、両方を使用することで、相乗効果を得ることができるのです。これらは名古屋の病院で処方されますが、使用する際は知識を持って扱うことが大切です。

名古屋の病院で薬をもらい、AGAを治療していくということもできますが、中には薬に頼りたくないという人もいます。治療薬を使わずにAGAを改善する場合は、生活習慣を変える必要があります。習慣の中には、髪に悪影響を及ぼしていることもあるので、まずは自分の生活習慣を見直すことが大切です。AGA対策として重要なのは、髪に栄養を届けることです。髪に栄養が届いていないと薄毛は改善することができません。食事が偏っていても良い髪の毛は生えてこないので、バランスの良い食生活を心がけましょう。